代表あいさつ

代表あいさつ

自立・自律・自責の精神で、
業界の発展に貢献する。

代表取締役社長 明石 眞佐臣

代表取締役社長 明石 眞佐臣

共に“脳の汗”をかける
第二創業期を創る人材求ム!

当社の名前こそ“製作所”ですが、製造設備は一切持っていません(自社の独自開発技術「アルカパ」設備を除く)。もちろん、かつては自社でプレス機や金型製造に必要な製造設備を持ち、モノづくりを行っていました。
しかし、お客様の要望に応える中で、製品が出来上がる迄には多岐に渡る工程、並びに加工方法があり、そして多くの素材に携わる必要が出て参りました。

そんな中、当社が出した一つの答えが、“ファブレスメーカー”として製造設備を手放すことでした。

お客様に最適で高品質な製品を提供するためにこれら製造設備をあえて手放し、“部品設計”や“生産管理”に主眼を置く事で、「ひとひねりのアイデアと企画力」をウリにしたモノづくりに注力出来る様になりました。
現在では、自社で生産設備を一切持たないことで、製造能力に縛られることなく多彩なルートから様々な製品の製造が可能になり、最適な協力工場を選択することでお客様にベストな品質・コスト・納期で製品を提供し続けることができる体制が確立されました。

皆さんもご存知の通り、日本を代表する超大手企業ですら破綻しうる時代となり、企業規模や業界だけで“安定”と判断できる時代は終わりを告げました。これまではモノづくりにおいては「メイドインジャパン」はゆるぎない信頼性があったものが、中国を初めとして、東南アジアでも設備があればある程度の品質が保たれたモノづくりが出来る様になり、品質だけで勝負できる要素も少なくなってきました。
一方でIT分野においては、AIによる技術革新により「決まったことを決まった通りにやる」ルーティンワークの仕事は自動化の波にさらわれてしまうでしょう。
また、3Dプリンタや3DCADの標準化により、これまで以上に手軽で、そして今まで以上に早くモノを作りだし、メルカリやBASE等の販売チャネルを通じてエンドユーザーに直接販売できる様にもなりました。まさに“本当に良い製品”を“本当に望んでいるユーザー”に届けなければ淘汰されてしまう時代といっても過言ではありません。
そんな時代を生き抜くために企業として最も大切なことは、AIに取って代わられることのない「人間としての力(自律・自立・自責)」と新製品の開発といった「知恵の生産性」の最大化に注力し付加価値の高いモノづくりを行うしかありません。

これからはただ与えられた課題に取り組むだけではなく、会社としてさらなる前進を目指し、自らアグレッシブに挑戦していく挑戦型組織へと変革していく必要があると考えています。

そこで掲げるビジョンが下記の3点です。

DXをベースとした生産管理力の強化 設計開発力と同様に、外部の協力工場やブレーンをプロジェクトごとに取りまとめるプロジェクトマネジメント能力(進行管理能力)が問われるこの仕事。顧客や協力先が求めるものは何か、という本質を掴んで「三方善し」となる方向に導く組織となり、業界を牽引して参ります。
また、DXによる業務効率化、並びに業務革新を目指して参ります。

設計開発力の強化 製造を外部に委託している分、注力しなければならないのが設計開発力。自社組織自体に設計・開発力をこれまで以上に蓄積させると同時に「ひとひねりのアイデア」を取り入れ今の製品の付加価値を更に高めます。

次世代を担う人材採用と育成 次の世代を担っていく幹部候補となる人材を採用し、育成します。当社の理念やビジョンが浸透した生え抜きを中心とした組織を作ります。

この3点に注力し、世の中に必要とされる製品を生み出し続けることで、企業を永続的に発展させ社会貢献を果たすことができ、それが結果として社員の心身ともに裕福な生活を守ることへと繋がると考えています。

上記に掲げるビジョンに共感され、「ひとひねりのアイデアを武器に、脳の汗をかける」チャレンジ精神豊富な方。是非共に次の時代を創りましょう。

そんな皆様にお会いできることを楽しみにしております。

求める人物像

第二創業期を迎え、共に次の会社を創って行けるメンバーの募集。
共に「脳の汗」をかくことができるフレッシュな方を希望します。

  • 常に明るく前向きな方
  • 何事もあきらめずにやり抜く気概を持った方
  • 相手の意見を聞く素直な心、ひたむきさを持っている人
  • 自ら考え行動する自発的で実行力のある人

具体的には、「チャレンジ精神」「粘り強さ」「素直さ・ひたむきさ」「考える力」「実行力」等の
資質や能力をベースに、人物重視で採用致します。

自ら学び、自ら考え、
新たな価値の実現に向けて
挑戦し続けていく人材。

求める人物像

AIやIoTといった分野の事業が拡大していく中、日々技術が進歩し、ニーズも変化し、何よりイノベーションが求められる社会に対応しない限り、企業の存続があり得ない時代に入ってきています。

今後を創っていく皆さんの個々の力と創造性の最大化が、今後のAIには取って変わらない、わが社の事業発展の鍵になると考えています。

「自立・自律・自責」の考えで取り組む人しか生き残れない時代に!

KYOEI-MAN

NEXT CONTENTS

仕事の流れ